デリヘル嬢と仲良くなるには~初対面編~

どうしても仲良くなりたいデリヘル嬢がいるという方、必死すぎるあまり努力が空回りしていませんか?指名するたびにデリヘル嬢の態度がよそよそしく・冷たくなっているとしたら要注意です。もしかしたら、デリヘル嬢のためを思ってやっていることが逆効果になっているのかもしれません。デリヘル嬢と仲良くなるためには、どのような事に気をつけなければならないのでしょうか。当たり前のことですが、仲良くなるためには嫌われないことが重要です。では、嫌われないためにはどうすればよいか。それは「危ない人だと思われないようにする」ことです。いくらデリヘル嬢が運命の相手と思えるほどにドンピシャでタイプだったとしてもいきなり「好きです。デリヘルをやめて僕と付き合ってください。」なんて間違っても言ってはいけません。そんな事を言った瞬間、あなたはデリヘル嬢の頭の中の「ちょっと危ない人かもしれないリスト」に入ってしまいます。デリヘル嬢は仕事というフィルターを通して、男性客を見ています。どんなに顔がタイプの男性客に出会っても一目惚れすることはありません。男性が考えているより数十倍、デリヘル嬢が持ち合わせているその「仕事というフィルター」は分厚く頑丈なのです。自分の感情をいきなり一方的に伝えるのは危険なのでやめておきましょう。 

関連リンク

福原ソープで一押しのお店です:神戸マキシム
川崎ソープなら良いお店がたくさんありますよ:高級店ガイド
梅田デリヘルは高級人妻店がおすすめ|貴楼館
京都風俗ならホテヘルが良いらしい:キャンキャン
大阪なら性感エステ十三で癒されましょう:オーシャンライフ
 

デリヘル嬢とのコミュニケーション

デリヘル嬢を呼んで、料金コースが決まった後は、いよいよ嬢と一緒にお風呂に入ります。
デリヘルを利用するのに慣れてくると、無駄な時間を短縮することを考えてしまいます。
事前にお風呂を沸かしておくだけならまだしも、「先にお風呂に入っておいた。君は入らなくても良いから、そのまま始めよう」と、まるでヒトラーのように猛威を振るう人も度々いるのです。
私から言わせれば、せっかくデリヘル嬢のようなスーパーガールとお風呂に入れるというのに、せっかちになって入浴の機会をみすみす逃すなど賢い遊び方ではありません。
そもそも、当たり前ですがデリヘル嬢はお金のために働いています。
そのため、あらかじめお風呂に入っていたり、お店の規律があるのに独断で話を進めたり、ドアを開けた早々押し倒してくるようなせっかちなお客さんのことを「経済的(あと心)に余裕がない人」と認識します。
お金と心に余裕がないお客さんよりも、経済的にも心にも余裕があるお客さんの方が、はるかに信用できるのです。
浴槽にお湯を溜めるのを一緒に待つくらいの余裕を持って、プロの女性とピロートークに華を咲かせるのも貴重で価値のある時間だと思います。
余談ですが、デリヘル店によっては『即尺』と呼ばれるお風呂に入る前にフェラをしてくれるサービスがあります。
しかしあまり一般的ではないことを覚えておいて下さいね。

サブコンテンツ